About

*

iPhoneを使用していて、バッテリーの充電は100%になったら、ケーブルを抜かなければいけない事はスマホユーザーであれば一度は聞いたことがあると思いますが、一般的に、スマートフォンに搭載されているリチウムイオン電池は、充電回数に寿命があるので、充電すると回数がカウントされると言われています。充電ケーブルに端末を接続しっぱなしにすることで、微妙な放電と充電を繰り返すので、充電回数が勝手にカウントされていくと言えます。ですがiPhoneの場合は充電が100%に達すると過充電を防止する装置が搭載されているので、問題なく使用する事が出来る特徴があります。一般的にスマートフォンのバッテリーは、400サイクル分の充電回数が割り当てされているので、最低でも1年から1年半は持つと言えます。バッテリーを実際にどう使うかと言う事、どれだけのバッテリーに仕事をさせているかでiPhoneのバッテリー具合が変わってきます。充電をしながら寝ても問題ないと言えます。

関連記事

no image

スマホを選ぶときにiPhoneを選ぶ日本人は多いです。iPhoneを持...

記事を読む

no image

私がスマホを今でもiPhoneを使っている理由は単にiPhone好きと...

記事を読む

no image

アップルローンというものをご存知でしょうか。 税込み30,000...

記事を読む

no image

スマホに関しては昨年まではガラケーを使っていたのですが、故障なども多く...

記事を読む

no image

とうとう私もiPhoneユーザーになりました。ずっとガラケーを使ってい...

記事を読む

新着記事

no image

スマホを選ぶときにiPhoneを選ぶ日本人は多いです。iPhoneを持...

記事を読む

no image

私がスマホを今でもiPhoneを使っている理由は単にiPhone好きと...

記事を読む

no image

アップルローンというものをご存知でしょうか。 税込み30,000...

記事を読む

no image

スマホに関しては昨年まではガラケーを使っていたのですが、故障なども多く...

記事を読む

no image

とうとう私もiPhoneユーザーになりました。ずっとガラケーを使ってい...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

前の記事:

次の記事:

スマホを選ぶときにiPhoneを選ぶ日本人は多いです。iPhoneを持...

私がスマホを今でもiPhoneを使っている理由は単にiPhone好きと...

アップルローンというものをご存知でしょうか。 税込み30,000...

スマホに関しては昨年まではガラケーを使っていたのですが、故障なども多く...

とうとう私もiPhoneユーザーになりました。ずっとガラケーを使ってい...

→もっと見る

PAGE TOP ↑